Profile

MIZ バイオリン弾いてみた MIZ バイオリン弾いてみた MIZ バイオリン弾いてみた

MIZ

職業:バイオリン弾き 作詞・作曲・アレンジ
最近ハマってるもの:火鍋

三歳よりクラシックヴァイオリンを始める。

2008年、a-nation東京公演mu-mo特設ステージでヴァイオリニストとして出演。
これを機に、クラシックからポップスに転向。
また楽曲内のストリングスアレンジを手がけるようになり、
今までに『EXILE ATSUSHI』『BABYMETAL』『ゴールデンボンバー』などの楽曲に
ストリングスアレンジで参加し、MIZ stringsとしてレコーディングも担当。

自宅スタジオにてヴァイオリンソロ、多重録音にて弦楽四重奏、アンサンブルと、様々な形態でのレコーディングにも力を入れ、
今までに数々のアーティストや劇版、CM曲 に参加する等、実績も多数

ステージパフォーマンスにも定評があり、
「BABYMETAL DEATH MATCH TOUR 2013 -五月革命-@Zepp Diver City」や、
「PERSONA MUSIC FES 2013 ~in 日本武道館」
「PERSONA SUPER LIVE 2015 ~in 日本武道館 -NIGHT OF THE PHANTOM-」
「PERSONA SUPER LIVE P-SOUND BOMB !!!! 2017 〜港の犯行を目撃せよ!〜」@横浜アリーナ
河村隆一 Presents「SOUNDIA Vol.1」@新宿ReNY
EXILE LIVE TOUR 2015 “AMAZING WORLD” 5大ドームツアー全20公演
ゴールデンボンバー「ミュージックステーション ウルトラFES 2018」
20th Anniversary” 矢井田瞳 Live Tour『Keep Going』
アナザーエデンコンサート「a refrain of times」

などにソリストとして出演。

また、2016年に全国ロードショーで公開された
「KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV」
にバイオリニスト、ピアニストのモーションキャプチャーで参加。

サブカルチャーにも積極的に参加し、2012年4月、
ニコニコ超パーティーin幕張メッセ出演の他
2013年4月、2015年2月には交響楽団「ワルプルギスの夜」にてコンサートミストレスを勤め、同月のニコニコ超会議にも出演。

2014年4月、「Diners Club Social Jazz Session 2014」にて優秀者に選ばれ、
Blue Note Tokyo に出演。
グラミー賞受賞などで知られるLee Litenour氏やCrystal Kayと共演を果たす。

使用楽器は2020年、2月より、株式会社ハムステッド・プロパティーズ貸与の
「Joseph Gagliano Napoli c. 1770-75」

また、2012年、カルテット、玉響(たまゆら)を結成。
パーティーや演奏会、レコーディングやPVなどで活動中。

【GROUPS MENBERS】 所属グループ

■玉響 たまゆら

2012年、弦楽四重奏カルテット「玉響」を結成。

4人のメンバーそれぞれが確かな経歴をもつプロ奏者として一線で活躍しているだけでなく、
MCやビジュアルのこだわりなど多彩なステージパフォマンスはもちろん、
オリジナル曲や玉響として弦楽四重奏アレンジした楽曲にも定評を持つ。

「PERSONA SUPER LIVE P-SOUND BOMB !!!! 2017 ~港の犯行を目撃せよ!~」@横浜 アリーナ
「Thank You Disney Live 2018」@中野サンプラザホールなどに出演の他、
コンサートやパーティー演奏、映像収録、数多くのアーティストのレコーディングやLIVEサポー トなど、 幅広く活動中。

【JOINED ARTIST】 参加アーティスト

■AKIHIDE (from BREAKERZ )  ■天月  ■Anli Pollicino  ■イトヲカシ
■EXILE  ■SKE48  ■影山ヒロノブ  ■加藤ミリヤ ■華原朋美  ■河村隆一   ■関ジャニ∞
■神田沙也加  ■菊池桃子  ■ギルド
■クリス・ハート  ■ゴールデンボンバー  ■ザ・マスミサイル
■私立恵比寿中学  ■JAY ‘ ED  ■Sonar Pocket ■CHAGE(CHAGE & ASUKA)
■D-LITE (from BIGBANG)  ■Tourbillon  ■西川 進  ■初音   ■久松 史奈
■ViViD  ■BREAKERZ  ■BABYMETAL  ■Hey! Say! JUMP  ■松岡 充
■水木 一郎  ■水樹奈々  ■misono   ■40mP   ■ライチ☆光クラブ
■和田アキ子

     and more...

当ページの文章は他サイト・Wikipediaなどに転載可能となっております。
著作権フリーであり、改変及び編集も自由です。画像はWikipediaのみ転載・掲載可能です。